ランキングに参加しているのでクリックしてね メンコ屋六文堂店主 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東京情報へ にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
<< 2012年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2009年10月25日

ガラス屋七輪堂 in 帽子パレード2009

まだまだ 余韻の残る

P1030191.JPG
帽子パレード2009ですが

100% LOVE & PEACE PARADE

http://yaplog.jp/boushiparade/  Ruuさんの帽子パレードのブログ


cicaさんから こんなメールをいただきました。


「こんにちは!

七輪でガラス うまくとけました。

缶をつかうの よかったです

どうぞ また よろしく♪♪」

IMG_0897.jpg
七輪とフイゴで火力を上げて ガラスを加工します。



今回の、帽子パレード2009に 

自力更生車一号車はメンテナンス中で

残念ながら不参加

作家の吉田冨久一氏も、法事で帰郷中


思えば

P1000075.JPG
昨年、怒濤のアートフェス沼田2008の 熱(厚紙の)い夏のあと 


メンコ屋六文堂は

Ruuさんの帽子パレードへ 飛び入り参加!

吉田富久一氏と 自力更生車1号へも出動要請!


・・・から 

もう1年も経ちました

吉田富久一氏と 自力更生車1号

本当にお疲れ様で感謝しています。




代わりに? って 訳でもないですが、

P1030146.JPG
ガラス屋七輪堂の初出場です。


今回、帽子パレードでの体験は、

まだ 発展模索中の七輪堂の今後の展開にとって 

貴重なデータとなるはずです。



ク リ ッ ク も ポ チ ! と お 願 い し ま す         
         にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
         にほんブログ村
        メンコ屋六文堂店主
posted by メンコ屋六文堂店主 at 14:36| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | cicaさんと七輪堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

七輪堂 in 阿賀野RIVER龍神祭

自力更生車+メンコ屋六文堂を

いつも 笑顔で応援してくれる cicaさん


今回は なんと

ガラス屋七輪堂で

(台所からアート/ワークショップ cicaさんからの投稿です。)
http://rokumondou.seesaa.net/article/112729248.html?1253796141 

阿賀野RIVER龍神祭へ初参加

P1020930.JPG
ガラス屋七輪堂のワークショップ あっと言う間に人集りができました。


六文堂にも弟分? いいえ 姉貴分が出来ました!


これから 七輪堂は ガラスだけにこだわらず 

いろんな試みで 展開していく予定です

皆さん どうか よろしくお願いしますね。



ク リ ッ ク も ポ チ ! と お 願 い し ま す         
        にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
        にほんブログ村
       メンコ屋六文堂店主




posted by メンコ屋六文堂店主 at 22:03| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | cicaさんと七輪堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

台所からアート/ワークショップ cicaさんからの投稿です。

なべとバーナーでつくるガラスのアクセサリー

200601ワークショップ ガラス1_ページ_1_画像_0003.jpg
用意するもの

いらなくなった鍋

ペンチ類

軍手

ガラス板

バーナー(金物やさんに売っています)

ガスこんろ(できれば用意)

砂または耐火石膏

石膏ボートなどの端材少々(できれば用意する)

200601ワークショップ ガラス1_ページ_1_画像_0004.jpg
鍋のなかに砂または耐火石膏を入れ

石膏ボード端材の上にガラスのかけらをのせる


下からは 保温の為にガスコンロで火をいれる

注)石膏ボートが手にはいらなかったら、ガラスをじかに置いてもよい


ガスコンロのほうも 手にはいらなかったら、

バーナーでじかにあぶるだけでよい

200601ワークショップ ガラス1_ページ_1_画像_0005.jpg
ガスバーナーは10センチくらいはなしたところから、

序じょに近づけていく


ガラスがとけたら、ラジオペンチなどをつかい、

さらにガラスを足したり、

銅線の金具部分をガラスにおしこんだりする

その際ガラスをつっついたりして、形をととのえることもできる


ガラスがとけたら、叙冷のため、

まわりの暖まった砂または耐火石膏を作品の上にかける。 

なべのふたをとじて、15分まつ(叙冷のため)

200601ワークショップ ガラス1_ページ_1_画像_0001.jpg

200601ワークショップ ガラス1_ページ_1_画像_0002.jpg
できあがったガラスのペンダント


2009年1月13日 勉強会


鍋をガラスの叙冷をおこなうために

利用しようというアイデアで

今回実験いたしました。
     
cica




残念〜! ワシ、今回の勉強会に 出席できませんでした。

土鍋を使うとは 流石は cicaさんですね。


参加した写真家 小松 稔(リンクしています)氏は 

結婚記念日に 奥さんにプレゼントしたそうです。





・・・ごちそうさま




posted by メンコ屋六文堂店主 at 10:37| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | cicaさんと七輪堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。