ランキングに参加しているのでクリックしてね メンコ屋六文堂店主 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東京情報へ にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
<< 2012年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2010年02月21日

真田昌幸の巻 その3

戦国最強!徳川軍団 上田城へ迫る。

と ブログに 書いたまま

さらに 8ヶ月も・・・ 真田昌幸の巻 その2

http://rokumondou.seesaa.net/article/121324484.html


徳川軍団の上田攻撃へ指揮官は

圧倒的な兵力差に安心したのか

家康本人や

徳川四天王の本多忠勝や榊原康政などの戦上手ではなく

徳川家への忠誠心とやる気はマンマンですけど

戦はどうもね・・・


どちらかと言うと 二軍?級な 

大久保忠世(かの大久保彦左衛門の兄)

鳥居元忠(関ヶ原の前哨戦、伏見城の戦いで討死)

平岩親吉などの武将を派遣!


そう いつも通りにやれば真田ごときには 楽勝! 



一方、真田昌幸は

あとが無い


千曲川の畔に建設中(増築中の?)の

上田城を本拠地に

近隣の山城の砥石城や矢沢の砦、丸子城など拠点にも

長男の真田信之や従兄弟の矢沢頼康などの 腹心の武将を配置

次男の真田幸村を人質に送って 上杉景勝に臣従し援軍の要請

そして 草の者達には ある指令を・・・


捨身の覚悟で 常勝徳川軍団と 決戦に臨む!




人 事 を 尽 く し て 天 命 を 待 つ !        
        にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
        にほんブログ村
       メンコ屋六文堂店主




posted by メンコ屋六文堂店主 at 11:05| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 真田氏と六文銭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

真田先生

先日の 里山アート展で
http://www.cosmoyume.com/ コスモ夢舞台


IMG_0630.JPG
彫刻家の長谷川千賀子さん作品の「線の記憶」を

設置した土地の地主さんへ

菓子折りを持って ご挨拶に

そうです オ〜レィ!の夜です
http://rokumondou.seesaa.net/category/7079623-1.html



地主さんの名前は

真田先生 

おおっ 真田氏じゃあ!

未確認ですが 佐藤賢太郎氏の恩師?と言う話も


以下 おいしい寿司を ほお張りながら

真田先生へ お話した内容です


昨年、真田の里沼田市で立ち上げたので

家紋の六文銭から

『メンコ屋六文堂』と 名乗っています。



特産品の真田紐は丈夫な紐で 

物と物を結ぶだけ 

でなく

全国へ 売り歩いて糧となり、

情報収集や

広報流布にも使われたそうです

真田氏と外を結ぶ 大切な品物です。


メンコ屋六文堂も

「メンコを作ってもらったり」

「展示販売」や 「メンコ遊び」で 

世代超えて 人と人を結び、


「ご当地メンコシリーズ」や 

「メンコのことをなんて言ってましたかシリーズ」で

地域と地域を結び、

レトロな昔と 今を 時空を超えて結べればと 

考えて この一年活動してきました

どうか 六文銭の六文堂の使用をお許し下さい。


・・・

と ここまで、すんなりと言えたか? どうだか


真田先生は 日本酒が大好きみたいで

ワシも 日本酒が大好きみたいで(笑)



いや〜 楽しい夜でした

真田先生 ありがとうございます。




ク リ ッ ク も ポ チ ! と お 願 い し ま す         
         にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
         にほんブログ村
        メンコ屋六文堂店主




メンコのことを なんて言ってましたかシリーズ

その45 大阪府河内 グッちゃん「べったん」 ベーゴマは「バイ」

posted by メンコ屋六文堂店主 at 00:29| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 真田氏と六文銭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

上田城へ

漆黒の闇

現代社会では とくに都市近郊では

まず無い! でしょう。  

P1020233.JPG
こんな夜は 真田の草の者達(忍者)が大活躍! したかも


彼らのもたらす正確な情報

熟慮の末の的確な判断

腰の据わった果敢な行動

で 真田氏は

戦国時代の終わりを

駆け抜けます


P1020234.JPG
上田城の大手門の石垣(もちろん一部です)

P1020235.JPG
「モビルスーツの性能差が 戦力の決定的差でない事を教えてやる!」

と シャアのように言ってみたいんじゃが、


ワシのライカ(レンズだけじゃが)も こう暗いと

お手上げです。

P1020236.JPG
なんのマークじゃろう?


ー以上! 上田城大手門より真夜中の衛生中継ですー              
        にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
        にほんブログ村
      
       メンコ屋六文堂店主        
         




メンコのことを なんて言ってましたかシリーズ

その36 京都府伏見 和加さん 「べった」

美味しいキュウリやらレタスやらを ごちそうさまでした。


      
posted by メンコ屋六文堂店主 at 01:11| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 真田氏と六文銭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

真田大助の巻

真田幸村の長男 


大坂冬の陣で

父、真田幸村と真田丸で

押し寄せる東軍を 散々な目に

前田勢・松平勢を見事に打ち破る。


大坂夏の陣で

真田幸村の言い付けを守り

最後まで 豊臣秀頼公の側で守護

大坂城落城後に自刃。


豊臣家の ラストサムライ

http://ja.wikipedia.org/wiki/真田大助


P1020124.JPG
!コンメ助大田真 がれこ ねでん読らか右

吉田ケンゴ氏から いただいたメンコから
http://kengoma.net/ 吉田ケンゴの世界


あ り が と う ご ざ い ま す
      にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
      にほんブログ村
     メンコ屋六文堂店主




posted by メンコ屋六文堂店主 at 09:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 真田氏と六文銭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月12日

真田昌幸の巻 その2

前回 

戦国最強!徳川軍団 上田城へ迫る。

と ブログに 書いたまま

4ヶ月も 

徳川軍団を 遅延?足止めに!

ワシも 中々の戦略家


そうそう

真田昌幸の巻でした


主家 武田家の家臣から 

武田氏滅亡後 


織田家の家臣 

滝川益一(東北・関東攻略と北条氏の抑え)の方面軍の与力に


本能寺の変で 織田信長 討たれる 

滝川益一方面軍 北条氏の大軍の前に敗退


まぁ そんな訳で 上杉氏や北条氏に臣従

すぐに 徳川氏の誘いに応じ

徳川氏に臣従
 

その後 北条氏と徳川氏は和睦 

?ん

その条件に 徳川氏は 

真田氏の沼田領を 北条氏に引き渡すことに決定!

え”っ?



「パワーハラスメント」 って

概念なんて微塵も無い 戦国の世


「はい 解りました! 沼田要りません」と 

言うような 真田昌幸なら

真田家は とっくの昔に 

東京都千代田区真田町 江戸時代は紐問屋が沢山あり・・・



真田昌幸の 執った行動は 

もちろん 「お断り!」 


=当然 徳川家康の怒りをかう


仇敵の上杉景勝に 次男の幸村を人質に差出し休戦、

上杉景勝と同盟関係にある 豊臣秀吉とも通じる。

(秀吉は 家康と小牧長久手の合戦以来、根比べのような外交中)



そして

我慢強いと定評の? 徳川家康の答えは
 

徳川直属軍 約7千500人 

それに甲信地域の豪族 約2千500人 

併せて徳川軍 1万人余り

(負け戦だったので 少なめに計上している と言う説もある)


対する真田軍 3千人ほどか(当時の石高から)


何事も二乗して計算する、イギリス人の野蛮な法則だと
http://ja.wikipedia.org/wiki/ランチェスターの法則)

10(千人)×10=100トクガワ

3(千人)×3=9サナダ

≠戦力的には ほぼ10対1

真田昌幸 絶体絶命!


つづく


今度は 何ヶ月 徳川軍団を・・・



ピ ン チ ! は チ ャ ン ス ? か も        
       にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
       にほんブログ村
      メンコ屋六文堂店主




メンコのことを なんて言ってましたか? シリーズ

その19 東京都北区 太田さん 「メンコ」



posted by メンコ屋六文堂店主 at 02:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 真田氏と六文銭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

真田昌幸の巻 その1

真田昌幸

徳川家康が最も恐れた男

上田城初代城主

真田信之、幸村兄弟の父親



長野県上田高等学校、校歌

作詞・上田中学校(現、上田高等学校)国漢科 
作曲・岡野 貞一


関(くわん)八州の精鋭を    ここに挫(くじ)きし英雄の
義心(こころ)のあとは今もなほ    松尾が丘の花と咲く


長野県上田高等学校様

掲載を承諾していただいたことを 感謝します。



戦国時代の終わり

群雄割拠

(歴史の教科書で 日本地図を原色で塗り分けていたヤツ)

上杉氏、北条氏、武田氏(織田氏、徳川氏)と 

鮮やかな三色の交わる辺りが

真田氏の領地なのだが・・・



天正三年(1575)長篠の合戦で兄二人を亡くし 家督を継ぐ

真田昌幸 29才。

敗色の濃い武田家を支えながら


天正八年(1580)上州(群馬県)の沼田城を攻略


天正十年(1582)武田氏滅亡、

同年 織田信長 本能寺の変で 討たれる。

・・・・

権力の空白地帯となった

甲州、信州、上州で、

織田、北条、徳川、上杉 と

臣従と離反を 繰り返しながら

真田氏の領土と領民を守り通す。


天正十一年(1583)千曲川のほとりに 

上田城を築き(竣工は翌年)

戦国大名へ


つづく


次回 戦国最強!徳川軍団 上田城へ迫る。



       にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ   
ク リ ッ ク も お 願 い し ま す 

      メンコ屋六文堂店主

posted by メンコ屋六文堂店主 at 16:15| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 真田氏と六文銭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

真田信之の巻

P1000048.JPG
沼田藩初代藩主  

真田信之さんは

93才だったかなぁ〜? とにかく長寿!

その秘訣はね・・・


親父の真田昌幸と 弟の真田幸村が、

天下無敵の徳川軍を
 

上田城で 2度も、撃退と足止めに

特に2度目の時は 徳川秀忠(二代将軍)と徳川軍主力!を 

散々な目に遭わせて 関ヶ原の合戦に間に合わず・・・


大坂城で 冬の陣では 勝手に造った真田丸(砦)で 

また撃退 !

夏の陣では なんと! 徳川家康の本陣を突き崩して

(並の合戦なら、ここで勝ってます)から 

多勢に無勢で 真田幸村 討ち死!!


と 派手に やっちゃったものだから。


平和な江戸時代になって、

徳川幕府から ネチネチと無理難題を
 

ヤワな二代目や三代目には 任せてられませんよ

ワシの目の黒いうちは。

って 四代目もですか?! 信之さん

ついでに 五代目〜


なかなか 六文銭握って あの世へは行けません・・・。


posted by メンコ屋六文堂店主 at 20:40| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 真田氏と六文銭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

六文堂の名前の由来。

古い友人で、メンコも作っていただきました。

トモヨちゃんからのメール(一部を抜粋しました)。

「〜で今更ながら、六文堂という店名の由来は?」

「〜で店主のメンコ作品見そびれちゃった!」

(笑)それはちょっと困ります。店主


このメールの質問? ありがたく使わせていただきます。


メンコ屋六文堂の名前の由来。

今年の夏、群馬県沼田市でのイベント、

国際アートフェス in NUMATAで メンコ屋六文堂を立ち上げました。
IMG_0926.jpg

江戸時代の沼田藩初代藩主が真田信之

(大坂冬夏の陣で勇名を馳せた真田幸村の兄) 

その真田氏の家紋が有名な六文銭です。


メンコ屋さんの 名前ですか? んん〜!? どうしょ! でもなぁ・・・

なにか 沼田市にゆかりのある名前を 

と思い 悩んだふりなんかして 六文堂にしました。


真田家のご子孫の方々、

今でも 真田氏を敬愛している沼田市民の皆様、

勝手な振る舞いを どうか 笑って大目に見て下さい。

って このブログみてるかなぁ。



次回は 徳川家康もびっくり!! 

味方にすると頼もしく! 敵に回すと本当にややこしい?

華麗なる真田一族について。

池波正太郎著『真田太平記』

の ほぼ100%読書感想文? 六文堂店主



       にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ   
ク リ ッ ク も お 願 い し ま す 

      メンコ屋六文堂店主













posted by メンコ屋六文堂店主 at 23:03| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 真田氏と六文銭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。