ランキングに参加しているのでクリックしてね メンコ屋六文堂店主 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 東京情報へ にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ
<< 2012年06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2010年02月21日

真田昌幸の巻 その3

戦国最強!徳川軍団 上田城へ迫る。

と ブログに 書いたまま

さらに 8ヶ月も・・・ 真田昌幸の巻 その2

http://rokumondou.seesaa.net/article/121324484.html


徳川軍団の上田攻撃へ指揮官は

圧倒的な兵力差に安心したのか

家康本人や

徳川四天王の本多忠勝や榊原康政などの戦上手ではなく

徳川家への忠誠心とやる気はマンマンですけど

戦はどうもね・・・


どちらかと言うと 二軍?級な 

大久保忠世(かの大久保彦左衛門の兄)

鳥居元忠(関ヶ原の前哨戦、伏見城の戦いで討死)

平岩親吉などの武将を派遣!


そう いつも通りにやれば真田ごときには 楽勝! 



一方、真田昌幸は

あとが無い


千曲川の畔に建設中(増築中の?)の

上田城を本拠地に

近隣の山城の砥石城や矢沢の砦、丸子城など拠点にも

長男の真田信之や従兄弟の矢沢頼康などの 腹心の武将を配置

次男の真田幸村を人質に送って 上杉景勝に臣従し援軍の要請

そして 草の者達には ある指令を・・・


捨身の覚悟で 常勝徳川軍団と 決戦に臨む!




人 事 を 尽 く し て 天 命 を 待 つ !        
        にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
        にほんブログ村
       メンコ屋六文堂店主




posted by メンコ屋六文堂店主 at 11:05| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 真田氏と六文銭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
真田昌幸・信繁親子のことを書いた文章はいつ読んでもゾクゾクしますね。
そのうち大河ドラマでやってくれないでしょうか…
次回、楽しみにしています!
Posted by シモン at 2010年02月21日 12:10
シモンさま

無名だった真田昌幸、

この第一次上田城合戦で徳川軍団を撃退して

一躍有名になります。

次回、何時になるんでしょうか?

コメントを ありがとうございます。



Posted by メンコ屋六文堂店主 at 2010年02月21日 17:05
私も真田一門の歴史は大好きです。
次回は半年後でしょうか。。まったりとお待ち致します。
Posted by 無名X at 2010年02月22日 20:40
無名Xさまへ

いつになったら

徳川軍団は上田城へ着くのか・・・


池波正太郎の「真田太平記」の読書感想文? つづきます

コメントを ありがとうございます。
Posted by メンコ屋六文堂店主 at 2010年02月24日 19:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

真田昌幸の名言とグッズ
Excerpt: たとえ錦を着ても 心が愚かならば役に立たない 真田昌幸(さなだまさゆき) ウィキペディアで知る。 高野山麓九度山にいた時、ある人が訪ねてきた。昌幸の刀を見ると柄に木綿の紐をまいていた。その人は笑っ..
Weblog: 戦国武将の名言・グッズ
Tracked: 2010-03-07 16:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。